漢方薬剤師の年収

漢方薬剤師になるには

漢方薬剤師の年収について

漢方薬剤師の年収についてですが、これは本当にまちまちだと思います。他の就職サイトの人たちが薬剤師の給料の中の漢方薬剤師の給料のところで書いているような年収450万~500万円という風にもらえる漢方薬局は僕は少ないのではないかと思います。

つまり実際には漢方薬剤師の年収は450万円より少ない人は結構いると思います。

まず僕自身もそれよりは最初少なかったです。

基本的に通常の薬剤師よりも漢方薬剤師の方が給料は安いのが普通と考えてもらった方が良いと思います。

しかし、転職サイトの漢方薬剤師の給料の記事などに書かれているように年収が450万円~500万円もらっている漢方薬剤師もおられます。

それはケースバイケースです。ではどのような場合、漢方薬剤師の年収が高くなって、どんな場合年収が低くなるのか?について書いていみたいと思います。

漢方薬剤師の年収が低くなる場合

漢方薬剤師の年収が低くなりやすい(絶対ではないです)傾向のある場合について、何点か例を挙げて書いてみたいと思います。

漢方薬剤師として雇ってもらった漢方薬局が個人経営(規模の小さい)薬局である

規模が小さいとどうしても給料は安くなりやすいです。一般的に調剤薬局やドラッグストアなどと比べると漢方薬局で全国にチェーン展開している漢方薬局は薬日本堂くらいだとおもいます。経営規模が小さいと、給料自体ももちろんそうなのですが、一番は賞与(ボーナス)の額が他の調剤薬局やドラッグストアに比べると少なくなるのです。(寸志程度の漢方薬局も多いと思います)そのため、給料では極端に差がなくても、年収で見たらドラッグストアや調剤薬局に勤める薬剤師と比べると少なくなる傾向はあります。

常勤でなく、非常勤で雇われるケースもある

いわゆるパート的な雇用形態です。このような形態で雇われたア場合は、健康保険などには加入できても、退職金はでないですし、賞与(ボーナス)も出ません。すごく経営が好調な漢方薬局であれば、寸志が出るかもしれません。そうすると時給になります。私が知っている限り、漢方薬剤師の時給は1200円~2000円(この2000円は破格でめったにないと思います)たぶん1500円前後が多いと思います。そうすると1日8時間働いて日給12000円前後です。それに月の平均勤務日数(22~25日)で考えると25万円~30万×12か月=300万円~360万円くらいになります。もし、もう少し時給が良ければ400万くらいまではなるかもしれません。

そのお店(会社)の勤続年数が短い

薬日本堂のように会社としてもしっかりとしている漢方薬局チェーンであったとしても、漢方薬剤師になりたての場合は、いえば新入社員と一緒なのです。どこの会社だって新入社員の給料はしれています。そのため会社としてしっかりとしていても年収はさほどの金額にはならないと思います。

 

漢方薬剤師の年収が高くなる場合

漢方薬局の役職に就く

漢方薬局の人出が不足していたり、あなたが管理職としての能力が高いとみなされた場合、その漢方薬局の管理薬剤師やや薬局長を務めることになれば、職務手当がつきます。それが付く代わり時間外手当がつかない可能性は高いですが、それでも年収は一気に上がると思います。このケースだと漢方薬剤師であっても年収が500万円を超えることはあるとおもいます。

人出が極端に不足している

何かの原因で急きょ人が必要になってのになかなか働く人が見つからない場合には、最初の給料が上がることがあります。(これは通常パートの漢方薬剤師の場合が多いです)

勤続年数が長い

小さな漢方薬局では出世は望めませんが、それでも多くの漢方薬局では1年に一度はベースアップを行います。その金額は微々たるものの場合が多いですが、それでも長年勤続されれば、徐々に給料は上がってゆき年収が500万以上になってくることはあります。

 

その漢方薬局の売り上げが右肩上がりで、人材を必要としてる場合

実際にはそう多くはないと思いますが、たまにあります。ネット販売と漢方をうまく組み合わせて売り上げを伸ばしているような漢方薬局では通常の漢方薬局の年収に比べ高い給料を払うケースがあります。

 

漢方薬剤師の年収についてのまとめ

今まで書きましたように漢方薬剤師の年収は通常の薬剤師に比べて低くなる傾向はあります。結局そのこところは、その人の価値観によると思います。別のページで書く予定ですが、普通の薬剤師に比べて、漢方薬剤師は年収は確かに低いですが、やりがいははるかにあると思います。少なくとも私はそうです。そのため、やりがいのために給料は少し目をつぶるくらいの気持ちのほうが就職しやすいと思います。給料にこだわって漢方薬剤師の求人を探すとなかなか就職が難しくなるのではと思います。

 

 

Follow me!